女児アニメ中毒とピーターパンシンドローム

こんにちは、こやです。

 

twitterで呟いた内容が多いのですが、

私が何故女児向けアニメが好きなのかについて本気で一回考えてみようという趣旨の記事になります。

結構気持ち悪いと思います。

 

まず、私がプリキュアが好きな理由は、彼女達は永遠に大人にならないからです。

1年の任期が終了すればそこで目に見える彼女達の活動は終了する。

パラレルワールド として歴代のプリキュアが一堂に会することがあれば

10年前に活動したプリキュアも今のプリキュアも同じ年代の少女として登場します。

 

彼女たちには思春期の美しい葛藤さえあれど、大人の駆け引きや泥臭い人間関係、希薄な隣人関係を体験する機会は存在しないのです。

メロドラマを経て結婚して出産することもなく永遠に少女として存在し続ける。

憧れとして、ヒロインとして枯れない造花として永遠に学生生活に留まるのです。

開きかけの蕾のような少女は永遠に花開くことはなく、

実を残すことも出来ない代わりにいつまでもいつまでも美しく在り続けます。

 

穢れを知らない美しい少女達の象徴こそがプリキュアなのです。

また、アイカツにも同じ事が言えます。

"恋愛"という要素を遮断されて、言わば去勢された少女達は美しくそして純粋。

しかし彼女達は子どもの姿で、芸能界という枠で大人として振舞う。いわば完結した世界で一種の成熟を遂げているのです。

 

子どもでいながらも完璧な生命体として

アイカツのアイドルたちは君臨する。

体ばかり大人になって、心は子供でいたいと思い続ける哀れなピーターパンの正反対なのです。

 

さて、ここでようやくピーターパンに触れましたが今回は表題を「女児アニメ中毒とピーターパンシンドローム」と銘打っています。

ご存知ピーターパンシンドロームとは大人になれない大人のこと、成熟を拒否することで、今回は病名としてでなく誰もが精神に持つ一抹の「大人になりたくないなぁ」という気持ち、として取り上げたいと思います。

 

ところで、

私たちは少年漫画に何を求めるでしょうか。

敵を倒す爽快感、敵の謎が暴かれる興奮、あるいはスポーツ漫画であれば試合に打ち勝つ感動、壁にぶつかる葛藤の疑似体験?

少女漫画には何を求めるでしょうか。

甘酸っぱい恋愛、不思議な力との邂逅?

 

たぶん、そういった主人公の感動を作品を通して擬似的に経験することを求めているのだと思います。

 

私は女児アニメに、熱く前段で語った、

大人にならないこと」を求めます。

自覚があるんですけど私は相当大人になりたくない成熟拒絶願望があります…

 

大人にならない世界で少女たちが戦い、あるいはアイドル活動をしている姿が3桁の話数で続く女児アニメはこの願望を強く満たしてくれるのです。

大人になりたくない、というとざっくりしすぎるのですが、

働きたくない、とか責任を持ちたくない、とか一人立ちしたくないみたいなぼやーっとした甘えみたいなのが成熟拒絶願望だと思います。

 

 もしかしたら女児アニメ中毒になる人はこの傾向が強いのではないでしょうか。

 あくまで私見なので違うよ!!って人は許してね。

 

 だらだらと書いてしまいましたが、

自分なりに女児アニメにハマった理由みたいなものを考えてみました。

 

 そのほかにもアイカツには「悪人が存在しないこと」というもう一つ私がハマった大きい要素があるのですが、それはまた機会があればまとめたいなぁ。

 

 以上、初めてのアニメ記事でした。

 また次の記事でお会いできたらうれしいです。

 

加州清光と大和守安定 『愛』されたいのはどっち?

こんにちは、こやです。

台風も去って初夏の陽気が気持ちいいですね。

 

前回たくさん書いたので今日は軽めに一つ、

タイトルの通りですが、

加州清光と大和守安定 『』されたいのはどっちか、

という話をしましょう。

 

一応私の個人的考察なので、

自分と違う結論に辿りつくのが嫌な人は読まないことをおすすめします。

 

あと考察の性質上台詞ネタバレを含みますので嫌な人は気をつけてね。

 

沖田の使う打刀としてキャラデザインが対照的であったり、

何かと因縁のある二人だけど、

加州清光大和守安定の「」という言葉への比重については、

考察しうる部分が大きいと思う。

 

ここでまず紹介したいのは、一見逆なんだけど、

より多く「」を口にするのは安定なんだよね。

 

清光は破壊・重傷とかの容態が重い時に主に「愛」を口にする。

それに対して安定は本丸、ログイン時に「愛して」って言葉を発するんだ。

沖田君の「愛」刀を名乗っているしね。


ボロボロになってる時にしか「」を口に出さない清光と、

元気な時に「」を言う安定とでは、

圧倒的に安定の方が台詞再生されてるはずなんだ。

(清光は初期刀で安定は違うから微妙かもしれないけどそこは置いといて)

 

 しかししばしば我々プレイヤーはとにかく「愛」されたいキャラとして、

加州清光を認定する。

認定するどころか、「刀剣乱舞で愛を求めているキャラ」と言えば加州清光を真っ先に思い浮かべるのが常であろう、それは何故か。


決まっている。

 

重いからだ。

 

刀で言う命に関わる傷を追った時に言う台詞が本音でないはずがない、

刀剣男子といえど我々は人間として認識している。

人間弱った時に本音が出るのは通常のことである。

 

肝心な時にしか言わない方が重く感じる。

色であったり、洋装和装であったりと逆で創られている要素の多い二人だが、

一番大きな差異はここ、愛という言葉を口に出すタイミングではないだろうかと考える。

 

ちょっとそれてしまったけど、じゃあより愛されたいのはどっちか?

っていう話。

そんだけ語ったんだから清光

それともたくさん言うんだから安定

 

決断を出すのは難しい。

ていうかたぶん答えはないし本丸ごとに答えはあるでしょう。

でもここでは私の結論を紹介したい。

 

その上で、あえて避けてきたことを言うのであれば、

 

安定は最期に何を口にするか?

安定清光の決定的なもう一つの違いは。

 

そう、「沖田総司」なんだよね。

安定というキャラは根本に強く強く沖田総司がいる。ここが大きい、決定的な違い。

 

最期に「愛されてたかな」ってプレイヤー側に愛を確認する清光

最期に「沖田君のそばに」って思いを馳せる安定

 

ここから私の得た結論は、

よりただ愛されたい欲求が強いのは加州清光

より『沖田君』に愛されたかったのは大和守安定

なのだろうというものである。

 

本当に愛されたいから、でも自信が無いから、肝心なときにしか愛という言葉を使えないのが清光で、

愛されたい、でも一番愛して欲しい人はもういないからその重みは清光より軽く口から出るのが安定なのではないだろうか。

 

以上、軽めと言いつつしっかり記事を書いてしまいましたが

加州清光と大和守安定 『愛』されたいのはどっち?というブログでした。

 

色々二人ともキャラメイクがとってもステキ。

 特にギャップに弱いこやはあんな穏やかな物腰でオラオラ言っちゃう安定くんが大好き。

中傷絵の挑戦的な視線がゾクゾクしちゃうよね。

pixivなんか見ててもこの二人のCPとかもすごい人気あるようだし、

そうでなくてもこの二人が刀剣乱舞という作品の人気を支える一因であるのは間違いないだろう。

それくらいメインで愛されてるキャラ達だ。

 

よかったね二人とも!!

 

ではまた次の記事でお会いできたらうれしいです。

こやでした。

とうらぶが流行ったことについて①

こんにちはこやです。

結局こういうの作ってもtwitterでだらだら呟いてしまいました。

 

今日はちょっと長いこと文が書きたい気分だったので記事を書いてみます。

 

本日のテーマは「なぜ刀剣乱舞はブームとなったか?」です。

 

すごいですよねとうらぶ。

アイマスジャンルに来る前はイナズマイレブン忍たま進撃の巨人等いわゆる女性向け同人が多いジャンルにいてその活動用のpixivアカウントとかもあったんですけど、

そこでつながってた人ほぼみんなとうらぶアイコンになってますね。

ランキングとか見ててもめちゃくちゃクオリティの高い作品が多いし、

なんなんだこのゲームは!!乙女をここまで夢中にさせる理由が知りたい!!

かくいう私も始めたばかりではありますが廃人プレイに興じております。

ちょっと憶測でブームの理由を考えてみようかと思います。

 

free to playの手軽さ

まずなんといってもこれは外せないですよね。無料で始められる上に通常プレイする上で課金しなくても支障は出ないです。

今まで周りでちょっとゲームが流行ったとしてもPSPPS3といったハードがなければソフトを買ってもプレイできないしソフト高いしで、「ゲーム」という媒体のエンターテイメントを敬遠してた層、もしくは中高生の金銭的余裕がない層が一定いたんですよね。PCゲームにしても容量食っちゃうしDLめんどくさい。

 

しかしここで今ブームとなってる刀剣乱舞は

(1)パソコンがあればタダで出来る

(2)ブラウザゲームのためダウンロードの手間がない

のですよね。

一見そんなもんわかってるやろ、ソシャゲ流行ってるし今更やろって思うんですけどこれめちゃくちゃ大きい要素なんですよね。

「あ、今この刀擬人化するやつはやってるんだ」→「まぁハードないしアニメ化でもしたら見るか」ではなく

「あ、今この刀擬人化するやつはやってるんだ」→「ただだしやってみよ」ってなるんですよね。

ここのフットワークの軽さこそこのゲームが流行った大きな理由ではないでしょうか。

流行に簡単に乗れちゃうよやったねたえちゃん。

 

ゲームシステムの単純さ

普段ゲームやんない層って難しいこと急に要求されると冷めちゃうんですよね。

えっアイテム買って装備して…パラメータを振ってああもうわかんない!

ってなっちゃう。でもそんなのいらないんですよとりあえず遊ぶためには。

基本的にカチカチしてたら刀剣勝手に戦ってくれるし難しい操作もいらないで新しい剣も作れちゃう。

敵強くなってきたり装備必要になってきてもwiki見たらすぐ理解できる程度の単純なシステムなんですよね。なかなか「詰む」ってことになんないと思う。

同じくDMMのブラウザゲーム艦これに比べても装備周りがわかりやすくてかんたん。

もちろん一番難しいステージはある程度難しいんだけど

「最初から難解じゃない」のはたぶん重要で、ゲームを序盤触らせることに大きく寄与してるんだよね。

ちょっとやって見てお気に入りのキャラ見つけたらもう沼だ。

プレイヤーが多い分供給もあふれてるよすごいね、やったね。

人によってプレイスタイルがぜんぜん違うのも特徴かな。同い年の二人に同じ日にやらせてもその人の生活によって全然やりこみレベルは 違うけど違う風に楽しめるのだと思う。

 

キャラメイクの斬新さ

この項目はかなり私見なんだけど、キャラメイクが次世代型だと思う。

良い意味で、「テンプレート」じゃない。

ランキングでトップを飾った、最初に選べる刀剣の

「加州清光」くんが一番良い例だと思うんだけど、

彼はヒールを履いてマニキュアをして、主人公に「愛して?」とか言っちゃう。

いわゆる今までの女性向けジャンルで真ん中にいるタイプのキャラではないよね。

 彼が今ものすごい人気なのってすごい本質的なオタク女子の趣向の変化みたいなのの縮図みたいに見えるんだよね…。

 何を例に出そうか、今までに流行った女性向けジャンルのキャラってやっぱりみんな「格好いい」んだ。

 BLEACH銀魂黒子のバスケうたプリ…挙げればキリがないけど、

 加州くんみたいなキャラは存在はするんだけど真ん中にいない。

 刀剣乱舞にもひたすらかっこいいキャラはたくさん存在する、

でもその中でどこか女性的だったり精神的に脆い感じの子がたくさんいて、

庇護欲をそそる感じの子がたくさんいるんだよね。

 とうらぶのキャラメイクについては思うことがかなりあるのでまた別で記事にしようと思います。

 でも流行った一因としてギャップのある斬新なキャラたちがいたことがあるよね。

 

pixivで見られる二次創作の充実

さっきも言ったんですけど、pixivがすごい。

前述の理由からプレイヤーが多いこのゲームには絵描きさんのプレイヤーも多い。

なのでpixivが非常に二次創作で潤ってるのですよね。

 

いわゆる女性向けジャンルに多いボーイズラヴはもちろん、

主人公たる審神者(さにわ)と刀の創作が多いのもこの作品の二次創作の特徴で、

たとえばWJ作品みたいなジャンルでキャラと自分の恋愛だのを描こうと思うといわゆる「夢小説」って創作になるんだけどそれが刀×主として普通にpixivで視覚化された状態で見れる。

シナリオとして出されてる情報が少ないからこそ創作の幅が広いのも刀剣乱舞の特長だね。

 

ちょっとゲームをプレイしてみて気になったキャラがいればpixivでさらっと検索してみたら魅力的な作品死ぬほど出てくる、すごい。

二次創作から興味持つ層も一定いるのでここもブームの一因だよね。

 

 

 色々書いたけどこの記事は一旦この辺で、

まとめとしては

とうらぶは現代に合ったゲームなのだと思う。

 twitterが流行っててpixivがあって、

皆がパソコン持っててっていう色んな事情に沿ってて

流行る要素がたくさんある。

聖地巡礼の話なんかも含めてまた続きを考えて見ようと思います。

ちなみにわたしは薬研藤四郎くんと獅子王くんが好きです。

ていうか割とみんな好きです。

 

 

 

 

 

 

はじめました

 

こんばんは

こやです。

 

最近考えてることが140字にまとまらなくなってきたので

はてなブログでもはじめようかと思います

 

続くかわかりませんがやってみたいとおもいます

 

よろしくおねがいします